男は洗顔しないで大丈夫?ニキビや肌荒れの原因をチェック

洗顔はしなくても大丈夫だと思っていませんか?

洗顔しなくても肌がきれいだったり、むしろ洗顔をしない方が美肌になるという話もあったり…

洗顔が必要な理由をニキビや肌荒れの原因から解説します!

目次



”洗顔しない男”を待ち受ける【6つのリスク】

肌を気にする男性

「洗顔しなくても肌トラブルがないから」というのは、あなたの思い込みかもしれません。

洗顔しないでいると、どんなリスクがあるのか解説していきます。


・ニオイのリスク

洗顔しないと、ニオイのリスクを抱えることになります。

顔の油や毛穴に詰まった皮脂が酸化すると、ニオイが発生しやすいです。


嗅覚は慣れやすいもので、自分のニオイに対して鈍感になる傾向があります。

自分自身では気付かなくても、周囲の人は顔の油が酸化したニオイに対し不快に思っているかもしれません。


「整髪料に香料が入っているし、香水をつけているから大丈夫」と思っていませんか?

心地良い香りを纏っていても、悪臭の根源である”顔の油が酸化したニオイ”があるままだと、匂いが混ざり合います。

その結果、余計に不快なニオイが発生し、清潔感に欠けた印象を与えやすいです。

 

・肌荒れのリスク

洗顔を怠ると、肌荒れしやすくなります。

花粉の季節に、黒い車に黄色い粉がたくさんかかっているのを見たことがありませんか?

 肌荒れの原因にもなる花粉

車体が黒だと花粉がついているのに気付きやすいですが、顔にも同じように外的な汚れが付着していることを知らない人が多いです。

また、花粉だけでなく、排気ガスの汚れなども空気中に漂っています。

花粉や排気ガスの汚れなどが顔に付着すると、肌荒れを引き起こす原因になるそうです。

洗顔しないと、外的刺激となるものが肌についたままになってしまいます。

それにより、肌にダメージを与え、肌荒れのリスクを招くのです。

 

・ニキビのリスク

洗顔しないと、ニキビができやすくなります。

ニキビは、毛穴に皮脂が詰まることにより引き起こされるからです。

男性は皮脂の分泌量が多い傾向にあるため、日々の洗顔を怠っていると毛穴が詰まり、ニキビができる原因になります。

>>できてしまったニキビの対処法についてはこちら

 

・毛穴が黒ずむリスク

洗顔をせずに過ごしていると、毛穴が黒ずむリスクが高まります。

毛穴が黒ずむ原因は、酸化した皮脂です。

 

毛穴の黒ずみが気になる男性

洗顔しないでいると、毛穴に皮脂が蓄積し酸化する傾向にあります。

酸化した皮脂は固くなって黒ずみ、毛穴詰まりの原因になりやすいです。

見た目だけでなく肌触りまで悪くなり、好感度を下げる要因になってしまいます。

 

・くすみのリスク

洗顔しない習慣を続けると、肌がくすみやすくなります

”くすみ”と聞いて、ピンとこない人も多いのではないでしょうか?

くすみとは、肌色が悪くなることです。

肌がくすむと「老けて見える」「頼りない印象」「疲れてそう」など、相手からネガティブに捉えられやすくなります

 

・テカリのリスク

洗顔不足は、テカリを招く要因になります。

肌にツヤがあると「若々しい」「肌がきれい」「清潔感がある」といった、ポジティブな印象を与えやすいです。

それとは対照的に、テカリは「ベタベタしている」「清潔感に欠ける」「ニオイそう」など、マイナスイメージを作りやすい傾向にあります。

人は男女問わず、一緒に仕事をしたり、プライベートを楽しく過ごしたりする相手に対し、”清潔感”を求めるものです。

洗顔を怠りテカリ肌でいると、対人関係で気付かないうちに損しているかもしれません。

 対人関係に影響するテカリ

洗顔料を使って洗顔しないと男性の肌はどうなる?

「水やぬるま湯で顔を洗っているから大丈夫」と、安心していませんか?

皮脂が多い男性の肌は、水やお湯を使っただけでは清潔感を保ちにくいです。

水やお湯だけで洗顔する習慣を続けると、どうなるのか解説します。

 

・水だけで洗顔した場合

水だけで洗顔すると、皮脂がきれいに落ちにくいです。

料理の後の食器洗いをした経験がある人は、水よりもお湯の方が汚れが落ちやすいことを知っているのではないでしょうか?

冷たい水をかけると、油は固まる性質があります。

それにより、水だけで顔の皮脂汚れを落とそうとしても、きれいに取れません

 

・お湯だけで洗顔した場合

お湯での洗顔は、水に比べると汚れが落ちやすいです。

しかし、お湯だけで毛穴に詰まった皮脂や黒ずみまできれいにするのは、難しいとされています。

 

また、汚れをしっかり落とそうとして温度が高いお湯を使うと、肌に必要な皮脂まで落としてしまいダメージを与えやすいです。

洗顔で使うお湯の適温は肌質により異なります

普通肌は35度前後、乾燥肌は30~34度、オイリー肌は36~38度が適温とされています。

それにより、肌に負担のかかる高い温度は、普通肌だと36度以上、乾燥肌は31~35度以上、オイリー肌は37~39度以上です。

 

洗顔料を使うと男の肌はどうなる?

洗顔する男性

清潔感やきれいな肌を保つには、洗顔料を使う習慣を身に付けることが大切です。

洗顔料を使うことで得られるメリットを解説いたします。

 

・古い角質や皮脂が落ちてニオイを防ぐ

洗顔料を使うと、古い角質や皮脂が落ちやすくなり、ニオイを防ぐことに繋がります。

蓄積された汚れはニオイを発生しやすいため、朝と夜に洗顔料を使って落とすようにしましょう。

 

・排気ガス、花粉、汗を落とし肌荒れ予防になる

排気ガスや花粉などの外的刺激となる汚れをその都度落とすことで、肌を健やかに保てます

人は寝ている間に、およそ350mlもの汗をかくことを知っていますか?

その量は、約コップ1杯分です。

 

顔に汗をかいたままだと、肌の水分を奪い乾燥を招く傾向にあります。

また、汗が刺激となり肌荒れを引き起こす原因になるため、洗顔料できれいに汚れを落とすことが大切です。

 肌がつやつやな男性

・毛穴の汚れが落ちてニキビや黒ずみ予防になる

洗顔料を使うと毛穴の汚れがきれいに落ちて、ニキビや黒ずみの予防になります。

ニキビや黒ずみができてしまうと、元のきれいな状態に戻るまで日数がかかりやすいです。

大切な商談やデートなどでは、見た目の印象が今後の流れに大きく影響することもあります。

ニキビや黒ずみのないきれいな肌は、相手に「清潔感がある」「セルフケアができている」などいいイメージを与えやすいです。

 

・毛穴詰まりを解消しニキビのケアができる

洗顔料を使うことで、すでにできてしまったニキビのケアができます。

メンズ用の洗顔料は、男性の肌質に合わせて作られているため、毛穴の汚れが落ちやすいです。

ニキビの原因となる毛穴詰まりを解消できるため、朝と夜に洗顔料を使うことでダメージを受けた毛穴が元に戻りやすくなります

 

・肌の代謝を促しシミやくすみを防ぐ

シミやくすみがあると老けた印象を与えやすく、バイタリティが足りていない人だと思われてしまいます。

洗顔料により古い角質や皮脂を落とすことで、肌の代謝を促す効果が期待できます。

シミやくすみは、肌の代謝が滞ることで発生すると言われているからです。

日々洗顔料を使い肌の代謝をサポートすることで、透明感のある健やかな肌に導きます

 

・肌が柔らかくなり化粧水が浸透しやすくなる

汚れが蓄積すると肌の表面が固くなるため、化粧水を上からつけても馴染みにくいです。

しかし、洗顔料を使うと、肌が柔らかくなり化粧水が浸透しやすくなるとされています。

 肌がキレイな男性

例えると、”丁寧に耕した畑の土”のような状態です。

 

洗顔料により毛穴の汚れが解消され、代謝がスムーズになると、肌が柔らかくなります。

手入れが行き届いた柔らかな肌には、化粧水の水分や美容液の栄養分が入っていきやすいです。

耕していない畑に水を与えても水分が吸収されにくいように、洗顔料でケアされていない肌には化粧水が浸透しにくくなっています。

それにより、洗顔料を使わないと”化粧水をつけても乾燥が解消されない”という負のループに陥りやすいです。

 

洗顔しない男性はニオイや見た目のリスクを抱える

男性は毛穴から皮脂が多く出る傾向にあるため、毎日洗顔をしないと汚れが蓄積されていきます

洗顔料を使わず、水やお湯で軽く洗うだけでは、毛穴に詰まった汚れが落ちにくいです。

洗顔しない男性はニオイや見た目のリスクを抱えることになるため、日々洗顔料を使い清潔感を保ちましょう

>>洗顔の正しい方法はこちらからどうぞ