メンズ化粧水は一日に何回使うのが良い?【使い方も解説】

化粧水の使用イメージ


メンズスキンケアの注目が高まり、洗顔料だけでなく化粧水を使う男性が増えてきています。


洗顔やその後の化粧水でのケアを、毎日あまり深く考えずに行っていませんか?


スキンケア方法を間違うと効果がないどころか、むしろ肌に良くないこともあります。


せっかく手入れするなら少しでも効果を実感したいですよね。
 
この記事では化粧水や洗顔料の正しい使い方や、効果的な使用タイミングをお伝えします。


正しくケアを行い、清潔感のある好印象な男性を目指しましょう!

 


 

化粧水の正しい使い方を解説!

正しい化粧水の使い方は以下のようになります。

 1. 化粧水を500円玉程度の大きさで手の平に取る。

 2. 手の平を合わせ、手の熱で温めるイメージで薄く伸ばす。

 3. 顔全体を手の平で包み込むようになじませる。(※下から上に少し持ち上げるような感じで)

 4. 乾燥や小じわが気になる部分は、指の腹で軽く抑えて浸透させる。

 5. 手に残った化粧水は首周りやデコルテに塗るといいでしょう。


 

化粧水をつける時に注意することは?

化粧水を使う際は下記のことに注意してください。

 

肌を叩くようにつける

化粧水をつける時、肌を叩くようにしてしまうと、余計な刺激を与えてしまいます

男性の方は特にやってしまいがちですので気をつけましょう。

手の平で浸透させるのが肌に優しい方法です。コットンに含ませて、そっと顔に当てるのもオススメです。

 

化粧水のみ使用し、乳液をつけない

化粧水をつけるだけだと、つけた時は潤っていますが、水分が蒸発してしまい、特に乾燥肌の人は元の状態に戻ってしまうでしょう。

化粧水をつけた後に乳液を塗ると、水分の蒸発を防ぎ、保湿がより長く持続します。

 

化粧水の選び方

化粧水を購入する前にチェックしておくポイントを確認しましょう。

まずは、保湿力が充分にある化粧水か

やはり、浸透して保湿することが大事なので、その点をしっかりアピールしている商品がおススメです。

もう一点は、自分の肌質に合っているか、弱点をカバーしてくれるかどうかです。

乾燥が気になる方 →しっとりタイプのもの(「うるおい」「高保湿」など)
べたつきが気になる方 →さっぱりタイプのもの(「さらっと」「べたつかない」など)


以上のように、肌質や使用感で選ぶと自分に合った良いものが見つかるでしょう。

 

化粧水をつけるタイミング・回数は?

では化粧水をつけるベストなタイミングはいつでしょうか。

その答えは・・・洗顔後です!

化粧水は保湿のためにつけますが、顔を洗った後は肌の水分が特に逃げやすく、乾燥しやすくなります

つまり、顔を洗った回数=化粧水をつける回数とするのが一番おススメです。

 

顔を洗ったら化粧水をつけるということで、次は洗顔の適切な回数について深堀りしていきます。

おススメのタイミングは朝と夜

顔を洗うのは多くても1日2回までにしておきましょう。

そして理想は朝と夜です。

寝ている間に顔に皮脂が溜まり、ほこりなどで汚れが付いてしまうので、顔を洗わないと肌荒れなどの原因に
日中に増えた皮脂と、1日分の汚れが肌にたまっているため洗顔をすることが望ましい

朝起きた時は非常に皮脂が多くなっているため、顔を洗わないと肌のテカリの原因なってしまいます。

夜もしっかり顔を洗うことで1日の汚れを落とし、清潔な状態で夜を過ごすことができます。

入浴と同じタイミングで顔も洗うようにするといいです。

 

ここまで、洗顔後に化粧水を付け、先述のとおり乳液で保湿をするという流れでした。

「毎日こんなにしないといけないの?」と思った方もいると思います。

仕事前で忙しかったり、仕事終わりで疲れているビジネスマンには、オールインワン化粧水という選択肢もあります。

今まで化粧水をする習慣がなかった方の最初の一本や、いろいろ付けるのが面倒な方にもおススメです。

アオルアム サスティナブルローション

AOLUAM (アオルアム) サスティナブルローション

当社のサスティナブルローションは、化粧水・美容液・乳液の機能を兼ね備えるオールインワン化粧水です。

オーガニック美容成分にこだわって開発した至高の1本を、ぜひお試しください。

 

洗顔料は使った方がいい?水洗いでも大丈夫?

洗顔料は商品によって洗浄力が異なります。

洗浄力が高すぎたり、1日に何度も洗顔料を使って顔を洗うと、肌のバリア機能を持つ皮脂まで洗い落としてしまいます。

おススメは朝はぬるま湯で、夜は洗顔料を使う方法です。

ぬるま湯で洗うことで過度に皮脂を落とさず、ほこりや汚れを落とすことができます。

そして、夜は洗顔料を使ってしっかりと洗顔しましょう。

しかし、人によって皮脂量が異なり、肌と洗顔料との相性もあるため、自分にあった洗顔料・使用回数を探してみるのもいいでしょう。

朝起きて肌がベタ付いている方には洗顔料を使った洗顔がおススメです。


【注意】肌質や季節で洗顔回数は異なります

顔を洗う適切な回数は、肌質や季節によっても変わります。

たとえば乾燥肌の人なら、1日の洗顔回数は1回で足りるかもしれません。

肌がべたつきやすい人なら、1日2回ほど顔を洗う必要があるかもしれません。

また、湿度が高く汗もかきやすい夏季は1日の回数は増やし、乾燥しやすい冬季なら減らしたりということもあります。

ただし、肌質や季節に関係なく1日3回以上顔を洗ってしまうと洗いすぎて逆効果になってしまうので注意しましょう。

 

化粧水による保湿はヒゲ剃り後も必要

男性にとってかかせない習慣であるヒゲ剃りですが、ヒゲ剃り後の保湿は非常に重要です。

ヒゲを剃ると肌に刺激を与え、ダメージとなってしまいます。

朝は顔を洗うのと同時にヒゲを剃る人がほとんどだと思いますので、化粧水でしっかりアフターケアを行いましょう。

 

洗顔の正しい方法 

準備するアイテムはこちら。
・ヘアバンド(あると便利です)
・洗顔料
・泡立てネット
・清潔なタオル

 

それでは正しい洗顔の手順をご説明します。

 1. 泡立てネットを軽く水で濡らし、洗顔料を泡立てる

ポイントとして、泡立てネットの水を軽く切った状態で泡立てすると、きめ細かい泡になりやすいです。

両手から滑り落ちないくらい、きめが細かい泡になるまで泡立てましょう。

 

2. 泡ができたらそれを両手に取り、顔全体に円を描くように泡で顔を洗います。

この時、ゴシゴシと手で擦らないようにしましょう。余分に皮脂をとりすぎて皮脂分泌が過剰になり、肌がつっぱりやすくなります。

 

3. ぬるま湯で泡をしっかりと丁寧に洗い流した後、タオルで優しく水分を拭き取ります。

ゴシゴシと顔を拭いたりせず、清潔なタオルで拭き取りましょう。


 

【まとめ】正しいスキンケアをして美肌を目指そう!

この記事で紹介したスキンケアのポイントをまとめると、

1. 洗顔は基本朝・夜の2回
2. 正しい方法で洗顔を行う
3. 顔を洗った後は化粧水、乳液で保湿


の3つとなります。

男性は特に正しいスキンケアをしない人が多いです。

乳液までつけることで肌に潤いを与えられ、しっかり保湿することができます。

しかし、間違ったやり方でスキンケアをしてしまうと、美肌になれないどころか、逆効果となってしまいます。

ニキビやシミ・シワを防ぐためにも、男性でも早くからスキンケアを始め、正しい方法で行うようにしましょう。