実はマスクが原因?乾燥や肌荒れの解決法と、マスクとの付き合い方

マスクを付ける生活になってから肌の状態が悪くなったり乾燥気味に…?マスクが肌に与える影響と効果的なスキンケアを知って、マスク生活を乗り切りましょう!

マスク蒸れが気になる男性

 

目次


マスクを付けて乾燥や肌荒れする原因は?

マスクを付ける生活が長引くにつれ、乾燥や肌荒れに悩む人が増えているようです。


健康のために付けるのが好ましいとされるマスクですが、肌に負担がかかる原因にもなります。


マスクが蒸れて雑菌が繁殖しやすい

マスクを付けると、体温や呼気の影響で熱がこもり蒸れやすくなります。

マスクの中が蒸れると、肌荒れの原因になるとされる雑菌が繁殖しやすいです。


長時間蒸れが改善されないままマスクをつけ続けると、雑菌の影響で肌が荒れやすくなります

 

マスク蒸れで肌の乾燥に気づきにくい

 マスクを付けると自分の呼気で、鼻や頬、口周りがしっとりしているように感じやすいです。

 マスクによる蒸れと肌の潤いは異なるものです。

たとえ肌が乾燥していたとしても蒸れているため気づきにくく、乾きを放置することで肌荒れを招きます

 

マスクを外すと水分が蒸発して肌が乾燥を引き起こす

 帰宅や食事などでマスクを外すと、水分が一気に蒸発してしまい肌が乾燥しやすいです。

 水分の蒸発

乾燥すると肌のバリア機能が低下する傾向にあり、肌荒れを引き起こす原因になります

 

マスクによる摩擦で肌のバリア機能が低下

マスクは顔に直接つけるものなので、話したり顔の表情が変わったりすることにより、どうしても摩擦が起きやすいです。

 

マスクによる摩擦は、肌のバリア機能を低下させる原因になります

 

バリア機能が低下した肌はさらに摩擦に弱くなるため、ケアが行き届いていない状態でマスクを付け続けると肌荒れしてしまうのです。

 

マスクによる乾燥や肌荒れの解決法

 マスクによる乾燥や肌荒れは、できるだけ早く解決した方がいいとされています。

なぜなら、マスクを付けると摩擦が生じやすく、放置していると乾燥や肌荒れが悪化する傾向にあるからです。

 

マスクによる肌トラブルをケアするための、具体的な解決法を解説します。

どれも簡単にできることなので、ぜひお試しください。

マスクによる肌トラブルが長引くと、跡が残りやすくなるため早めのケアが大切です。

 

洗顔料を使い肌を清潔に保つ

マスクによる乾燥や肌荒れが気になるときは、洗顔料を使って肌を清潔に保ちましょう。

 洗顔料を使って綺麗に洗い流しましょう

肌が乾燥した状態で、洗顔料を使うのに抵抗がある方もいるかもしれませんが、乾きが気になるときこそ汚れを取り除くことが大切です。

 

乾燥すると肌の新陳代謝が悪くなる傾向にあり、古い角質が表面に溜まりやすくなります

 

古い角質が残ったままでは、化粧水が肌へ入りにくいため乾燥が改善しにくいです。

 

そのため、洗顔料で洗って肌の代謝を促し、化粧水の水分を吸収しやすい状態へ導きましょう

 

また、洗顔料を使うことで、マスク蒸れによる雑菌を洗い流して肌荒れをケアできます

 

肌にやさしい化粧水で保湿する

マスクで蒸れて乾燥し摩擦を受けた肌は、ダメージが蓄積されています。

 

それにより、合成の添加物が入った化粧水を使うと刺激になる可能性があるため、できるだけ肌にやさしい成分で作られたものを選びましょう

 

天然由来成分やオーガニック原料から作られた化粧水は、肌にやさしく健やかな肌へ導くとされています。

 天然由来の力

そのため、マスクによる肌荒れや乾燥をケアしたい方におすすめです。

化粧水を重ね塗りして、手のひらで包み込むように馴染ませましょう。

 

洗顔の後に時間を置かず、すぐに化粧水をつけて保湿するのがポイントです。

 

油分をつけてマスクの摩擦ダメージから守る

マスクをつけると、どうしても摩擦によるダメージを受けやすくなります。

 

そのため、スキンケアの油分を使い、マスクによる摩擦のダメージを軽減させることが大切です。

 

化粧水をつけた後は、乳液、クリーム、オイルのいずれかを肌に馴染ませてください。

 

乾燥や肌のダメージが大きいときには、乳液、クリーム、オイルを全て重ねてもOKです。

 

ただし、たっぷりつけ過ぎるとテカったりべたついたりする原因になるため、重ね塗りする場合は少量馴染ませましょう。

 

油分で肌表面を覆うことで、マスクが原因となる摩擦による刺激を受けにくくなります

 

化粧水の上に油分を重ねる時間がないという方には、オールインワンのスキンケアがおすすめです。

 

オールインワンのスキンケアには水分と油分が両方入っているため、1本つけるだけで肌の保護まで完了します

 アオルアムのオールインワン化粧水
>>アオルアムのオールインワン化粧水はこちら

 

マスクによる乾燥や肌荒れを防ぐには?

乾燥や肌荒れの原因になるからといって、マスクを付けずに外出するのは難しいでしょう。

 

マスク生活が必要とされるご時世であるため、セルフケアをして肌荒れや乾燥を防ぐことが大切です。

 

清潔なタオルを使いこまめに汗を拭き取る

マスクによる肌荒れを防ぐには、こまめに汗を拭き取ることが大切です。

 

マスクを付けると、体温や呼気により内部に熱がこもりやすくなります。

 

そのまま放置しておくと、汗が肌の刺激になり肌荒れを引き起こす原因になるため、こまめに拭き取ってください。

 

汗を拭き取ったタオルは洗濯して、清潔なものを使うようにしましょう

 

汗がついたまま洗っていないタオルは、雑菌が繁殖しやすく肌荒れの原因になるからです。

 

蒸れたり汗をかいたりしたら新しいマスクに替える

蒸れたり汗をかいたりしたら、できるだけ早く新しいマスクに替えましょう。

 

汗や蒸れがマスクに染み込み、雑菌が繁殖しやすくなるからです。

 

清潔な新しいマスクに替えると、蒸れによる肌荒れを予防できます

 

泡洗顔でやさしく洗う

毎日朝と夜に泡洗顔でやさしく顔を洗うと、マスクによる肌荒れを防ぐことが期待できます。

 

マスクを付ける生活を続けていると、摩擦によるダメージを受けやすくなっているからです。

 

洗顔のときにゴシゴシ洗うと、摩擦により肌のバリア機能がさらに低下してしまいます。

 

そのため、弾力のある泡を使って、蒸れや汗による汚れを取り除くことが大切です。

 

こちらで、男性の毛穴詰まりをケアする方法やおすすめの泡洗顔をご紹介しています。

マスクによる肌荒れで困っている方は、ぜひチェックしてみてください。

 

不織布マスクの内側にコットン素材のガーゼをあてる

蒸れや摩擦による肌荒れを防ぐために、不織布マスクを付けるときは内側にコットン素材のガーゼをあてましょう

 

不織布と同じくらいのサイズの、コットン素材のガーゼを使うのがポイントです。

 

顔に当たる部分がコットン素材になることで、蒸れが吸収されて通気性がよくなる効果が期待できます。

 

また、コットン素材だと肌へ刺激を与えにくいため、摩擦による肌荒れも予防しやすいです。

 少しでも快適にマスクと付き合う

洗って潤してマスクによる肌荒れ・乾燥をケアしよう

長引くマスク生活を快適に過ごすには、毎日のスキンケアで肌を労わることが大切です。

 

マスクによる蒸れは、雑菌を繁殖させて肌荒れを招く傾向にあるため、毎日朝と夜に洗顔料を使って肌を清潔に保つようにしましょう。

 

また、蒸れていると気づきにくいですが、マスクを付けていても肌は乾燥してしまいます。

 

そのため、化粧水で潤すだけでなく、乾燥による摩擦を防ぐために油分を与えて肌を保護してください

 

スキンケアを重ねづけするのが面倒な方には、肌に油分と水分を同時に与えられるオールインワンタイプがおすすめです。

 

洗う、潤す、保護するスキンケア習慣で、マスクによる乾燥や肌荒れをケアしましょう。