高級なメンズ洗顔料ってどう?プチプラとの違いと高級な理由

メンズ洗顔料にはハイブランドのものがありますが、高級洗顔料とプチプラ洗顔料では何が違うのかを解説します。違いを知って、自分に合ったメンズ洗顔料を選ぶ参考にしてください。

自分にとって何が良いか考える男性

【メンズ洗顔料】高級・プチプラでは何が違う?

男性の肌を整えることは、身だしなみの1つという認識が広まってきています。

時代の流れを反映するように、メンズ洗顔料が各社から次々と販売されているので “ 違い “ を知ることが大切です。

 

成分の種類が違う

高級、プチプラなメンズ洗顔料は、配合されている成分の種類が違う傾向にあります。

例えば、肌に優しいとされる天然由来成分は、合成原料に比べ高価です。

 

また、天然由来成分の中でもオーガニック認証を受けたものだと、原料ができるまでに手間がかかります。

それにより、オーガニック認証を受けた天然由来成分を配合した洗顔料は、合成原料配合の洗顔料に比べ価格が高くなりやすいです。

 

成分の比率が違う

メンズ洗顔料に配合されている成分の比率は、価格に影響しやすいです。

例として、高級洗顔料はプチプラ洗顔料に比べ、希少価値の高い成分やオーガニック原料の割合が多い傾向にあります。

希少価値の高い成分やオーガニック原料は値打ちがあるため、洗顔料に多く配合すると高価になりやすいです。

 

洗顔料を作る技術の違い

メンズ洗顔料を作るための技術の違いにより、価格に差が出やすくなります。

洗顔料の主な役割は、顔の汚れや毛穴に詰まった皮脂を落とすことです。

しかし、汚れを落とす過程で、肌に必要な皮脂まで失ってしまうリスクもあります。

 

肌に必要な潤いを残したまま汚れだけを落とすには、成分や配合量などの技術が必要です。

そういった技術を確立するには、コストがかかる傾向にあります。

そのため、技術を駆使して製造した洗顔料は、高価な値段になりやすいです。

 技術を駆使して製造

洗顔料を使う目的の違い

洗顔料を使う目的の違いにより、価格差が生じやすいです。

顔についた汚れをきれいに落とすことをメインした洗顔料は、プチプラな傾向にあります。

 

プラスアルファで、保湿やエイジングケアも期待できる洗顔料は、高価になりやすいです。

また、トータルで肌悩みをケアできるとされるオールインワンタイプは、比較的高価な傾向にあります。

 

乾燥やシミ、シワといった肌悩みをケアするには、その分数多くの美容成分を配合する必要があるからです。

目的に合わせた成分を配合することで、価格に影響しやすくなります。



【高級】メンズ洗顔料の特徴と理由

3,000円以上の高級なメンズ洗顔料は、きれいな肌を目指す男性に人気です。

ワンランク上の仕上がりが期待できるため、エイジングケアも兼ねた洗顔がしたい人が購入する傾向にあります。

 

値段に見合う技術で作られている

洗顔料を作る過程で手間が加わる分、高価になる傾向にあります。

自分の肌をアップグレードさせたいと願う男性は、作り手の技術が詰まった高級な洗顔料を使う人が多いです。

 

例として、野菜の品質でご説明しましょう。

無農薬野菜は害虫や気候の影響を受けやすく、栽培するのに時間と労力を費やします。

 無農薬栽培

しかし、栄養価が高く旨味もアップするため、肌や心身へ良い影響を与えることが期待できるそうです。

そのため、農薬を使い栽培された野菜に比べ値段は高くなりますが、健康や美容を重視した食生活を求める人に人気があります。

 

高級なメンズ洗顔料には天然由来成分のみならず、オーガニック原料を配合しているものもあります。

オーガニック認証を受けるためには、有機農業や自然由来原料に配慮した商品開発が必要です。

 

その中でも、オーガニックの世界統一基準と言われる “ COSMOS認証 “ を取得したメンズ洗顔料は、高価な傾向にあります

 

COSMOSオーガニック基準を満たすには、洗顔料ができるサイクルを全てチェックされ認定を受けなければいけません。

 厳しい審査

例えば、自然由来の原材料であることはもちろん、遺伝子を組み換えした原料はNGとされます。

また、洗顔料の95%以上が自然由来の成分であることが必須とされており、環境に優しい容器に入っているかも重要です。

細部まで徹底されたオーガニック基準を満たすには技術を要し、コストがかかるためどうしても高価になります。

 

最新のテクノロジーが搭載されている傾向にある

高級なメンズ洗顔料には、きれいな肌に導くための最新のテクノロジーが搭載されているケースがあります。

例えば、パラベンやフェノキシエタノールなどの添加物は、防腐剤として洗顔料に入れるケースが多いです。

 

しかし、肌に負担がかかる可能性もあるため、高級なメンズ洗顔料には代替成分が使われることもあります。

洗顔料の品質を高めるために、天然由来成分の抗菌力や抗酸化力を搭載することで、価格が高くなりやすいです。

 

合成の添加物を入れると簡単に防腐できますが、天然由来成分がメインだと作るのに手間がかかります

けれども、パラベンやフェノキシエタノールなどの添加物が入っていない洗顔料は、肌に優しく洗うたびにきれいな肌に導きやすいです。

 

希少性の高い成分が配合されている

希少性の高い成分が配合されている洗顔料は、高価な傾向にあります。

例えば、エイジングケアが期待できる人気のアルガンオイルの原料は、モロッコや北アフリカなど限られた場所にしか生息しません。

 アルガンオイル

アルガンの木の実100kgから、わずか1リットルほどしか採取されない貴重なものです。

その上、オーガニックのアルガンオイルとなると、さらに希少性が高いため、配合されたものは高級な洗顔料になります

 

より肌を労わりたい人におすすめ

” 肌の表面や毛穴の奥に詰まった汚れを落とす ”  洗顔本来の役割に加え、美肌ケアも期待できるのが高級なメンズ洗顔料です。

 

そのため、肌をきれいに洗いながら、乾燥、シミ、シワ、たるみなどもケアしたい人おすすめです。

高級なメンズ洗顔料を使うことで、より肌を労わりやすくなります。



【プチプラ】メンズ洗顔料の特徴と理由

1,000円以下のプチプラなメンズ洗顔料は、気軽に購入しやすいです。

洗顔料の洗い心地を試したいときや、できるだけ低価格のスキンケアを求める人が選ぶ傾向にあります。

 

コスパがいい

プチプラなメンズ洗顔料は、高級洗顔料と同じくらいの容量であることが多いです。

低価格でたっぷり入っているため、コスパを重視する方に人気があります。

 

シンプルな成分

プチプラなメンズ洗顔料は低価格で販売するために、シンプルな成分でできている傾向にあります。

洗浄成分をメインとしており、保湿成分が補助的に配合されているケースもあります。

 シンプルな洗顔料

ただし、複数の高価な希少性の高い美容成分を入れてしまうと、価格が上がる原因になります

そのため、プチプラなメンズ洗顔料は、高級洗顔料よりもエイジングケアを目的とする成分の配合率が低いです。

 

低価格でベーシックな洗顔をしたい人におすすめ

洗顔の主な目的は  ” 肌の汚れを落とすこと ”  です。

皮脂汚れは水やお湯だけで落ちにくいため、毎日洗顔料を使った方が肌をきれいに整えやすいとされています。

 

毎日使うものだからこそ、できるだけ低価格なものが続けやすいという人には、プチプラなメンズ洗顔料がおすすめです。

 

高級なメンズ洗顔料は保湿・エイジングケア向け

高級・プチプラなメンズ洗顔料は、どちらも ” 洗う ” という洗顔本来の目的を叶えられます。

リーズナブルにベーシックな洗顔をしたい人には、プチプラのメンズ洗顔料がおすすめです。

 

高級なメンズ洗顔料には希少性の高いエイジングケア成分や、天然由来成分が配合されている傾向にあります。

そのため、汚れを落とすだけでなく、乾燥やシミ、シワなどもケアしたい場合は、高級なメンズ洗顔料がいいでしょう。

 

あなたが ” 肌に求めていること ” に合わせて、高級・プチプラなメンズ洗顔料を選んでください。

こちらの記事では、 " 洗顔しない男 " を待ち受ける【6つのリスク】をご紹介しています。