30代メンズが選ぶ化粧水 | 肌の特徴とスキンケア方法を紹介

気づいたら30代。鏡に映り込む自身の姿を見て、「なんだか肌にハリが無くなったな」と自信を無くしていませんか?

20代の時とおなじスキンケアをしている人は要注意!

この機会に、現在使っている化粧水やケア方法を、一度見直してみましょう。


30代メンズが化粧水を使うべき3つの理由

 「化粧水は女性が使うもの」なんていうのは過去の話。

男性も自分に合った化粧水を使って、きちんと保湿をしてスキンケアすることが大切です

30代メンズが化粧水をするべき理由には、以下のような点が挙げられます。

 

①肌の水分量が減少するため

人間の肌は、年齢と共に少しずつ水分量が減少していきます。

そこで起こりやすくなるのが、肌の乾燥です。

「乾燥は肌にとって天敵」とはよく言ったもので、シミやシワなど、肌のトラブルを引き起こしやすくなります。

男性の肌は、女性に比べ30〜40%も水分量が少ないと言われています。

さらに肌の水分保持力が弱く、水分蒸発量は女性のなんと2倍という結果も。

そのため、男性こそきちんとスキンケアアイテムを使って、肌の保湿をすることが重要なのです。

 

②毎日、ひげ剃りをするため

男性は毎日のヒゲ剃りによって、肌へのダメージが蓄積され続けています。

その結果、肌の角質が剥がれてしまい、乾燥しやすい環境が出来上がってしまいます。

ひげ剃り後は、きちんと化粧水を塗って肌を乾燥から守り、しっかり保護してあげましょう。

 

③紫外線対策への意識が低いため

男性は女性に比べる、紫外線に対する意識が低い傾向にあります。

紫外線は、肌の老化原因の80%を占めているとも言われています。

さらに、肌に備わったバリア機能を低下させるだけでなく、大切なコラーゲンを分解してしまうのです。

その結果、肌に大きなダメージを与えてしまい、シワやたるみなどの原因に。最終的に、肌の老化にもつながってしまいます。

これらの対策として、外出する時の日焼け予防はもちろん、日焼け後にアフターケアをきちんと行うことが大切です。

 

30代メンズの化粧水の選び方

自分の肌質に合わせて選ぶ

30代の肌質には個人差があり、人によって様々な特徴があります。

おもな肌タイプは、以下の4つに分類することができます。さらに、タイプ別に適した保湿成分も紹介します。


(1) 乾燥肌

【主な保湿成分:セラミド、ヒアルロン酸Na、グリセリンなど】


乾燥が気になる方は、高保湿性の成分を補給しましょう。上記の成分以外にも、アミノ酸やPCA-Naなどがあります。


(2) オイリー肌

【皮脂バランスを整える成分:ライスパワーNo.6、ビタミンB2・B6など】


肌のテカリやベタつきが気になる方は、皮脂バランスを整える成分が配合された化粧水を使用しましょう。適度な水分や油分のバランスを整えてあげることが大切です。


(3) ニキビ肌

【ニキビを予防する成分:アラントイン、グリチルリチン酸ジカリウムなど】


ニキビ肌には、有効成分配合の薬用化粧水がオススメ。肌のテカリがあり、ツッパリ感がある場合は、インナードライの状態になっている可能性も。その場合には、保湿成分が含まれているものを選ぶと良いでしょう。


(4) 敏感肌

【保湿成分・抗炎症・弱酸性・アルコールフリー:セラミド、コラーゲン、アラントインなど】


敏感肌で、ひげ剃り後のヒリヒリや赤みなどの症状が出やすい方は、カミソリ負けを予防する専用の化粧水を使用し、しっかりとベースを作った上で、弱酸性やアルコールフリーの製肌にやさしい成分の製品を使いましょう。


このように、化粧水はそれぞれの肌質によって効果的な成分が異なります。まず、自分がどの肌タイプに該当するかをきちんと知っておくことが大切です。

 

好みの仕上がりで選ぶ

化粧水選びの際に、最も大切なのが保湿成分です。

おもに「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」の2タイプがあり、化粧水に配合される保湿成分から判断することができます。

サラサラとした質感で、使用後にベタつきが少ない化粧水がお好みの人は「さっぱり」タイプがオススメです。

また、多少のベタつきがあっても、肌にもっちりとした保湿感を与えたいという方は「しっとりタイプ」を使用してみましょう。

タイプの見分け方は、以下の保湿成分によって判断することができます。

商品パッケージの裏側に記載されている成分表示をみて、自身に合った化粧水を選びましょう。


【さっぱりタイプ】

・BG

・DPG

・ベンチレングリコール


【しっとりタイプ】

・グリセリン

・ヒアルロン酸

・糖類


また、保湿においてタイプを問わず共通しているのが、「セラミド」は肌の潤いを保つためにとても重要な成分であること。

人間の肌に存在している細胞間脂質のひとつなので、保湿性を高める目的において、できる限り積極的に取り入れること良いでしょう。


 

値段で選ぶ

化粧水は商品よって、さまざまな価格帯のものが販売されています。

普段、化粧品などを購入することがない男性にとって、どのくらいの価格帯の商品を選ぶべきか迷いどころです。

化粧水の容量は、1本あたり150ml程度のものが一般的です。1日朝晩の2回使用した場合、使いきるまでに約2か月間かかります。

ご自身の使用頻度に合わせて、価格帯を選んでみることをオススメします。


 

30代メンズがスキンケア不足で起こる肌トラブル

起こりやすい肌トラブル

日頃のスキンケアを怠ってしまうことで、肌の水分量や油分のバランスが乱れてしまいます。

これにより、毛穴が開きやすくなったり、皮脂が酸化したりすることでニキビなどの肌トラブルにつながる場合があります。

最悪の場合、シミやシワ、くすみ、たるみなど、肌の老化を進行させてしまいます。

そこで最も有効な対策は、シミをシワができる環境をつくらないことです。

できてしまってから対処するのではなく、シミができる前にブロックすることが大切です。

 

肌老化のサイン?すぐにできる対処法

肌は新陳代謝が低下することで、シミやシワができやすくなります。

美白作用がある化粧水を使用することで、メラニン色素を抑制して血行を促進し、肌をトーンアップしてくれる効果があります。

また、配合された成分の種類によって働き方や用途が異なります。

複数の種類を組み合わせて使うといった方法もオススメです。

美白作用の化粧水は抗酸化作用があるので、エイジングケアにも欠かせません。

美白作用のある成分は、以下の通りです。

 

【ビタミンC】:メラニン色素を抑制して、ターンオーバーによる排出を促進

【プラセンタエキス】:抗酸化作用や血行促進をしてデトックスをする

【アルブチン】:メラニン色素を生成するチロシナーゼを阻害してシミを予防

 

上記の成分を配合している化粧水を選び、いつまでも若々しい肌を保ちましょう。


正しいスキンケアのやり方

①洗顔

1.ぬるま湯を顔全体にかけ、余分な汚れや皮脂を落とす

2.洗顔料をしっかり泡立て、泡で顔を優しく覆うように洗う

3.すすいで、タオルドライをする


②化粧水

化粧水をたっぷり塗って、肌に馴染ませる


③乳液

乳液やクリームを使い、保湿をする


上記のように洗顔でのスキンケア以外にも、外出時に日焼け止めクリームなどを塗ることも大切です。

可能であれば、週に1度の保湿パックなどで、できる限り肌をいたわってあげましょう。

 

『オールインワン』化粧水ならこれ一本で完結

 AOLUAM サスティナブルローション(120ml)

詳細はこちら

 

メンズの肌は30代が分かれ道!自分に合った化粧水を選ぼう

きれいで健康的な肌を保つためには化粧水はもちろん、スキンケアを積極的におこなうことが大切です。

30代で高い意識をもつことは、今後のお肌の状態を左右するともいえます!

スキンケアに高い意識を持ち、美しい肌でいることで気持ちが前向きになれるはずです。

ぜひ、いま一度スキンケアを見直して、新たな自分を手に入れてみましょう!